アーティスト向け求人サービス『IGAR(イニシャルギャラリー・アーティスト・リクルーティング)』をリリース!事前登録受付中!

  • 2020年11月18日
  • Info

IGAR(イニシャルギャラリー・アーティスト・リクルーティング)とは

IGAR(イニシャルギャラリー・アーティスト・リクルーティング)は、不安定な職業である作家へ求人の紹介をすることで、”アート”と”シゴト”の両立と新しいアーティストライフを提供します。

そして作家と兼業で他の職を持つことで、生活基盤が安定し、将来設計が可能となり、また余裕が出ることで創作活動により集中出来たりと、これからの作家のグランドデザインとなるスタイルを描きます。

サービスリリースの背景

現代アートのオンラインショップInitial Gallery(イニシャルギャラリー)では、これまで若手作家に活躍の場を広げることに注力してきました。そうした中で、若手作家が創作活動だけで生活ができる環境には、日本では構造として未だ整っておりません。

しかしそうした構造の中でも、沢山の才能のある作家が夢を諦めてほしくないと思っています。それは作家とは別の職を持っていても、或いは持っているからこそできる創造性や生き方もあると考えているからです。

IGARの求人情報

IGARではFacebookグループ(会員制)やメルマガにて、最新の求人情報をお届けします。

【求人内容】
・アートが活かせる職業
・アート活動との両立が可能な一般職


エージェントのサポート

IGARでは専属のエージェントが”シゴト”探しをサポートします。

【サポート内容】
・キャリアプランのヒアリング/ご相談
・履歴書/職務経歴書の添削
・面接対策・企業への応募手続きの代行
・給与や単価などの条件交渉代行
・面接日/入社日の日程調整

兼業作家へのインタビュー

田村勇太  画家/自営業兼業


Q.作家一本でなく、仕事を始めた切っ掛けはありますか?
現在フリーランスで仕事をしています。もともと社会人として働いている状態から絵を描き始めたので、仕事を完全に辞めて創作活動一本でやっていこうとは考えていませんでした。

Q.創作活動と仕事の両立は出来ていますか?
おかげさまで両立できています。

Q.仕事を始めてから変わったこと(創作活動や考え方など)はありますか?
例えば経済的な理由で創作の幅が狭まったりすることがかなり少なくなると感じます。「こういうことがしたいけど、お金がないからどうしよう。」っていうのは創作活動をしている人にとってとても辛いことだと思います。

Q.これから作家と仕事の兼業を考えている方へ一言
個人的な話ですが、僕は作家業と仕事を兼業する中で、作家業の方になにか悪い影響が出ているとは感じていません。このご時世ですから、何か一つのことに固執せず、柔軟に自分の形を変えていくのというのも時代に合った生き方の一つではないかと思います。

IGARへご登録

下記URLにある登録フォームよりご登録下さい。

>Initial Gallery(イニシャルギャラリー)

Initial Gallery(イニシャルギャラリー)

作家が出品した現代アート作品を購入できるオンラインマーケットです。
これから有名になり作品価値の向上が期待できる作家が多数出品しています。
作家の活動実績や注目度を弊社独自のIGSで数値化し、作品購入の際の新たな指標としてご提案します。