<作家向け>参加方法 詳細

緊急支援を希望される作家向けの参加方法解説ページになります。

ほしい物リスト作成、設定、URLのコピーをしてから参加フォームにお進みください。
こちらの手順を踏まない場合、個人情報漏洩のリスクがあります。

必ず確認しながらご参加をお願いいたします。

参加条件

  • ご自身の作品を積極的に発信されている方(出展、イベント参加、SNSやHPからの情報発信など)
  • 過度な暴力性、猥褻性、反社会性、宗教関係、スピリチュアル系等ではない作品

支援希望作家の掲載基準

・弊社の掲載基準に基づいて総合的に判断致します。

・掲載の可否についての理由は開示致しません。

結果通知

ご応募後、一定期間を経て審査を行います。
審査を通過された方にはメールでご連絡致します。

ご注意

・【アート活動緊急支援プロジェクト】は、商品の調達を約束するものではございません。
画材やアート活動に「必要なもの」の募集支援を行うために、 広く周知・PRするサポートを行うサービスとなります。

・アート活動 緊急 支援プロジェクトの参加には、登録料や会費などは一切掛かりません。

・アート活動緊急支援プロジェクトの募集はAmazonほしい物リストを利用して募集して頂きます。Amazonほしい物リストの詳細はコチラをご確認下さい。

・Amazonほしい物リスト公開による、損害等につきましては弊社で補償することはできませんのご了承ください。

ほしい物リスト作成手順

AmazonのTOPページより、サイドバーにアクセスします。

サイドバーのほしい物リストを開きます。

初めてほしい物リストを作成する場合は、以下の画面が表示されますので、画面に従って作成してください。

リスト名は「ペンネーム+ほしい物リスト」でお願いします。

既にほしい物リストを作成している方は、リスト右上の作成フォームより新規作成をお願いします。

※個人情報保護のため、個人情報が表示されないように設定します。 必ず本支援用に別途作成をお願いします。

ほしい物リスト設定方法

ほしい物リストが作成できたら、設定をしていきます。

画面右上の「・・・」より、「リストの設定」を選択してください。

下記の画像のように設定を進めてください。

注意事項
・受取人は「ペンネーム」でお願いします。
・住所の最後に「本名+様方」の記載をお願いします。
・「第三者の出品の商品の発送同意書」のチェックは外してください

ほしい物リストに商品を追加する

ほしい物リストの設定が完了したら、商品を追加していきます。

支援の募集ができる商品は「創作活動に関わる商品」のみとします。

Amazonトップページのメニューより、「カテゴリー」を選択します。

カテゴリーから、希望する商品のカテゴリーへ進みます。

例として「ホーム&キッチン・ペット・DIY」→「手芸・画材」に進みます。

進んだカテゴリー先にて、商品の検索をしてください。

検索結果が表示されたら、「絞り込み」をしてください。

絞り込み項目の「出品者」より、「Amazon.co.jp」のみ選択して下さい。

この商品はAmazon.co.jpが販売、発送します」と表記されている商品を選んで、ほしい物リストに追加して下さい。

ほしい物リストURL表示方法

ほしい物リストに商品を追加したら、応募に使用するURLをコピーします。

画面右上の「・・・」より、「リストの共有」を選択してください。

「他のユーザーを招待」表示のみから「リンクのコピー」を選択してください

リンクのコピーが完了しましたら、応募に進んでください。

参加方法

下記フォームより、必要事項を記載して送信してください。
審査が完了次第、掲載の運びとなります。

応募した時点で利用規約に同意したものとします。

必要事項
・作家名
・作家名 英字
・Eメールアドレス
・電話番号
・作品が掲載されているHP・SNSのURL

以下はフォームの「お問い合わせ内容」に記載ください。
・ほしい物リストで設定した名前
・Amazonほしい物リストのURL
・支援者へのコメント (一言でお願いします)

応募前に、ほしい物リストの内容確認お願いいたします。
・登録商品が販売者と発送者がAmazon.co.jpであること
・お届け先住所の登録が正しいか
・ほしい物リストの内容を入力したか

ほしい物リスト掲載を終了したい場合も、ご連絡くださいますようお願いします。

>Initial Gallery(イニシャルギャラリー)

Initial Gallery(イニシャルギャラリー)

作家やコレクターが出品した現代アートを購入出来るオンラインショップです。
現代アートを“IGS”で分かりやすく数値化し、1万円から始められる少額投資で新しいアートとの関わりを提案します。