ATSUYA-画材代支援プロジェクト-

どうして画材代支援を必要としているのか

自身で負担した画材と、支援して頂いた画材を使用するのとでは、本質が違うので、支援頂いた作品で思い切った作品を描いてみたい。
普段、手を伸ばさない画材やキャンパスサイズなど、作品の幅が確実に広がる可能性があったので支援を必要とします。

自分の可能性を違う角度で引き出し
多くの人達に自分のアートを広めたい。

支援金をどう活用する

普段使用しない大きなキャンバスに新しい質感の下地や、絵具を使用した挑戦的な作品を創りたい。
普段感じる「当たり前」の重みを支援頂くカタチで再確認出来たら良いと考えています。
想いは自然と作品に現れるので、支援して下さる方々と一緒に作品を創る意識で制作したい。

ATSUYAとは


LifePaint is beautiful

現在どのようなアート活動をしていますか?

現在は紙媒体は勿論、スケートボード、Tシャツペイント、壁画アート、似顔絵、ライブペイントなど様々なご依頼に対応した活動を行っています。
海外での路上ライブやカフェやショップに展示してもらうなど、積極的に活動しております。

アートを始めたきっかけは?

昔から描く事が好きで、絵で人に喜んで頂く感覚を味わったことが始まりでした。


作品を通してのコンセプトは?

コンセプトは
「 Life Paint 」=人生を描く

型にハマらず誰もがどんなカタチにも変化できる、明日へ踏み出すきっかけになって欲しいと想いを込め、制作しています。


作品を制作する上でのこだわりや意識していることは?

オリジナルキャラクター「ARTMAN」を用いて、どのように表現の幅を広げられるかを常に考えています。

日常にある何気ないモノや、人との会話、
体験などをメモにとり、作品に落とし込みます。

時には下書きをせず、筆を走らせながらデザインを考え、ライブ感でしか生み出せない作品を制作する事で『描く事を楽しむ』を意識しています。

今後のアート活動においての展望や挑戦したいことは?

今後はグッズ展開や、大きな作品に挑戦したい。
また、様々な国で路上パフォーマンスや展示を行い、国境を超えた人々に作品をアピールしたい。
海外のグラフィティーアートに影響を受けているので、自分だけのオリジナリティーを磨く為、海外での挑戦、様々な画材や技法も視野に入れていきたい。




profile
ATSUYA / ATSUYA
1996年   新潟県
2015年新潟県新潟デザイン専門学校 入学
2017年新潟県新潟デザイン専門学校 卒業



ご支援者様へ 画材代のサポート方法

画材代サポート方法

>Initial Gallery(イニシャルギャラリー)

Initial Gallery(イニシャルギャラリー)

作家が出品した現代アート作品を購入できるオンラインマーケットです。
これから有名になり作品価値の向上が期待できる作家が多数出品しています。
作家の活動実績や注目度を弊社独自のIGSで数値化し、作品購入の際の新たな指標としてご提案します。