Chie Lily-画材代支援プロジェクト-

どうして画材代支援を必要としているのか

国内外での活動は今や、現代アーティストのキャリア形成に必要不可欠ですが、その中には渡航費や画材が自己負担の物も多いです。
作品の制作費はもちろん、公募展応募は出展料がかかり、作品販売の際の梱包材・送料・保証料金もかかります。
今後も自分の表現を研究、磨きをかけながら、公募展・コンペティション・シンポジウムなどに積極的に参加していきたいです。
支援を受ける手助けをして頂けるのは大変心強いと思い、今回この画材代支援に応募させて頂きました。

支援金をどう活用する

私は普段、アクリル絵具で制作しているのですで、主にその必要不可欠な絵具に使用させて頂きたいです。公募展応募や、展示の為の作品を作るとなると多量の絵具が必要ですが、その量や、色数を制限せざるを得ない状況が無いよう、支援金を活用させて頂きたいです。

Chie Lilyとは


Botanical Note 2020 Japan -Pothos-

現在どのようなアート活動をしていますか?

日本の大学で油画科を卒業後は、ペインターとして、国内外で活動しています。アーティストインレジデンスやアートシンポジウムへの招待を頂き、これまでに、スロベニア、ドイツ、エジプト、イギリスなどで制作活動をして参りました。現在は日本で制作活動しています。

アートを始めたきっかけは?

きっかけは、はっきりと覚えておりませんが、小さい頃から工作やお絵描きが好きでした。3歳から絵画教室で工作、水彩画、油画を習っており、画家の先生に教わるのが楽しく、とても熱中していました。


作品を通してのコンセプトは?

人間と自然(オーガニック)の関係が作品の鍵です。絵画などのアートは病人の健康状態を向上させるという科学論文がアメリカで発表されました。欧米の有数の科学研究所ではアーティストが描いた絵画と脳神経の関係を紐解く研究が最新のトピックとして注目されています。
私の最近の代表作では、植物の美しさや生命力を表現する事により、植物 とアートのコラボレーションが我々に与えるポジティブな効果を主題としています。


作品を制作する上でのこだわりや意識していることは?

私の絵画を発信する事により、多くの方がパワフルでピースフルな気分に成れるようにと願い、制作しています。
また、自分自身がハッピーでエネルギッシュでないと、皆さんを幸せで勇気付けるような事は出来無いと思っています。
なので、たくさんの良いアートを見て、インスピレーションを受け、さらに、美しい物を見つけるセンサーが鈍らないよう自然豊かな地に足を運び、出来るだけ自宅で育てた野菜を頂く、ヨガをし、心身を鍛えるなどを意識しています。生活の全てが作品に現れると思います。

今後のアート活動においての展望や挑戦したいことは?

今後も表現に磨きをかけながら、公募展、コンペティション、シンポジウムなどに積極的に参加していきたいです。より多くの方に作品を見ていただく為に、国内外のギャラリーや美術館に展示をする事もしたいです。




profile
Chie Lily / Chie Lily
1980年  神奈川県
2016年 東海大学教養学部藝術学科美術学課程卒
2018年 IKKG MFA Fine Art  大学院 ゲストスチューデント
2019年 ロンドン大学 Goldsmiths 大学院 foundation course 卒

展覧会
個展
2015年 企画展 ” SIDE EFFECTS” 須藤美術館
2018年 企画展“F6 CANVASES x ACRYLIC PAINTS x CHIE LILY” Artbar代官山

グループ展
2014年 第17回“若き画家達からのメッセージ展” 須藤美術館
2016年 卒業制作展 神奈川県平塚市美術館
2018年 企画展 “IN THE MIDDLE” 箱根風伯ギャラリー
2019年 企画展“TOO BAD IS NOT TOO BAD” Mt.& friends渋谷
2019年 招待 “GIFC” ロンドン、バンズギャラリーLondon Vans Gallery
2019年 ロンドン大学Goldsmithsファウンデーションコース卒業制作展
” Energy Drink”-野外ライブドローイング,
2019年 “Push Pop Repeat” ロンドン大学 Goldsmiths, 教会内にてSt. James’s Church

アーティストインレジデンス
2016年 スロベニア、アートコロニーに招待
“ART of NATURE” ノバゴリッツア、TIR Galleryにて展示
2018年 スロベニアアートシンポジウムに招待
“ART CIRCLE” ノバゴリッツア、ビラ・ビポージェ城内に展示、
サンマルティンホテルに作品を寄贈
2019年 エジプト、レッドシーにて”フルグハダアートカーニバル(アートシンポジウム)” に招待
シュタイゲンバルガーホテルにて展示

受賞歴
2006年 第43回関東地区中学生全国海の絵コンクール 銅賞
2008年 第六十五回全国学校秀作美術展 東京美術文化協会賞
2014年 須藤美術館主催 第16回 若き画家達からのメッセージ展 特別賞受賞
2019年 全日本芸術公募展  佳作



ご支援者様へ 画材代のサポート方法

画材代サポート方法
>Initial Gallery(イニシャルギャラリー)

Initial Gallery(イニシャルギャラリー)

作家が出品した現代アート作品を購入できるオンラインマーケットです。
これから有名になり作品価値の向上が期待できる作家が多数出品しています。
作家の活動実績や注目度を弊社独自のIGSで数値化し、作品購入の際の新たな指標としてご提案します。