松崎大輔-画材代支援プロジェクト-

どうして画材代支援を必要としているのか

作品制作と展示をメインに行なっていますが、壁画制作も始めたので、以前より画材代が多く必要になりました。また画材代が足りなくなると制作のペースが落ちてしまうため、アーティストとしてコンスタントに制作していくために画材代を支援して頂きたいです。

支援金をどう活用する

絵の具、キャンバス代、壁画材料費、また展示の出展費に活用させて頂きます。

松崎大輔とは


Blessing

現在どのようなアート活動をしていますか?

作品制作と展示を中心に行なっており、昨年からは壁画制作も始めました。現在はコロナで自粛していますが、イベントでのライブペイントも行なっています。

アートを始めたきっかけは?

2017年にそれまでの生き方や働き方に限界を感じ、自分が一番何がやりたいか、得意なことは何かを考え、子どもの時に好きだった絵を描くことを再開したことが画家活動のスタートです。


作品を通してのコンセプトは?

生きとし生けるものの「調和・共生」をコンセプトにアート活動を行なっています。地球は人間だけのものでなく、動物や植物、魚類、様々な生物が共生している場所であり、人間も自分たちのエゴだけで自然を破壊せず、原点回帰して自然から学び直そうという意図を伝えるアートを描いています。


作品を制作する上でのこだわりや意識していることは?

動物や魚類を描くことによって、地球や自然を感じさせるアートにすることや、カラフルな色彩で多様性を感じるアートになることを意識しています。

今後のアート活動においての展望や挑戦したいことは?

昨年から壁画制作を始めたので、より多くの壁画を描いて、町や人々に元気を与えられるような活動を展開していきたいです。またそういった壁画や絵を描くことによって、地域貢献やローカルの町おこし、社会貢献できるような活動を行なっていきたいです。




profile
松崎大輔 / Daisuke Matsuzaki
1979年  東京都


展覧会
個展
2018年5月 画家松崎大輔ミニ個展 カフェ蔵前4273
2019年5月 個展「ENCOUNTER」 六本木カフェフランジパニ
2019年8月 展示「GATHERING」 本八幡SHISHIBONE2
2019年10月 個展「HARMONY」 原宿Bio ojiyan cafe

グループ展
2019年1月 「スマイリー展」 ニューヨーク、プレアデスギャラリー

受賞歴
2019年9月 純展入選(東京都美術館)
2019年11月 湘南国際ファインアート展2019入選(茅ヶ崎SZKギャラリー)



ご支援者様へ 画材代のサポート方法

画材代サポート方法

>Initial Gallery(イニシャルギャラリー)

Initial Gallery(イニシャルギャラリー)

作家やコレクターが出品した現代アートを購入出来るオンラインショップです。
現代アートを“IGS”で分かりやすく数値化し、1万円から始められる少額投資で新しいアートとの関わりを提案します。