Hiroto-アーティストnote販売支援-

どうして画材代支援を必要としているのか

私は現在大学に入学したばかりの18歳でして、公募展や展覧会に出品するための資金ががないからです。また、生活上一人暮らしのため、画材代が高くなかなか手が出せないからです。

支援金をどう活用する

頂いた支援金は公募展やコンクールの出品料、張りカンバス代やペインティングオイル代、絵具代等にありがたく使わさせていただきます。

Hirotoとは


Hiroto
小さく、強い命の力

現在どのようなアート活動をしていますか?

主に鉛筆画や色鉛筆画を中心とした活動を行なっています。鉛筆画や色鉛筆で培った技術を用いて油絵も始めました。

アートを始めたきっかけは?

高校時代に部活を辞めたことをきっかけに、自分にしかできないことはないか問い続けた結果、美術に辿り着きました。それからは生徒会活動や勉強の合間を縫って独学でひたすら絵を描き続けました。


作品を通してのコンセプトは?

今までは主に鉛筆画を用いた日本画で、カラーに負けない黒と白の世界を強く意識して描いていました。これからは主に油絵で、ノスタルジックをコンセプトとしてどこか懐かしく哀愁ある絵アートを制作する予定です。

作品を制作する上でのこだわりや意識していることは?

私が作品を制作する上でのこだわりは、完璧に描きあげることではなく、あえて影の位置を変えたり、そこにはない光や物を書き足したりする、モデルからわざとずらすことです。
そうすることで生まれる自然な不完全性がより世界観や雰囲気を醸し出すものになるよう意識しています。


今後のアート活動においての展望や挑戦したいことは?

今後はより大きなスケールの作品に挑戦したいと考えています。また、今よりももっと油絵や鉛筆画の表現技法を増やし、将来的には自分の個展を開きたいと考えています。

Profile
Hiroto
2001年 高知県
高知学園大学在学中


ご支援者様へ 画材代のサポート方法


画材代サポート方法
>Initial Gallery(イニシャルギャラリー)

Initial Gallery(イニシャルギャラリー)

作家が出品した現代アート作品を購入できるオンラインマーケットです。
これから有名になり作品価値の向上が期待できる作家が多数出品しています。
作家の活動実績や注目度を弊社独自のIGSで数値化し、作品購入の際の新たな指標としてご提案します。