鬼辰カケル-画材代支援プロジェクト-

どうして画材代支援を必要としているのか

画材代が生活を圧迫しているので、画材代だけでも支援していただけると助かります。

支援金をどう活用する

アクリル絵の具
色鉛筆
パステル
キャンバス
絵を描く画材に使いたいと思います。

鬼辰カケル とは


クローバー畑でお昼寝会

現在どのようなアート活動をしていますか?

SNSで毎日もふもふな動物の絵を投稿してみなさんに癒しを届けてきます。
あと年に1.2回のグループ展や個展を開催しています。
似顔絵屋を不定期に開いたらします。

アートを始めたきっかけは?

絵は、小学2年生の時地域の写生大会がありそこで入選してそこから絵を描き始めました。
本格的に画家活動を始めたのは2019年の1月からです。
私ももうすぐ50歳なのでこのまま何もしないまま歳を取るのは悔しいと思い、挑戦してみました。


作品を通してのコンセプトは?

心穏やかになり、みなさんの癒しになればと思い日々絵を描いてます。


作品を制作する上でのこだわりや意識していることは?

動物の毛のもふもふ感と顔の表情に気をつけて描いてます。

今後のアート活動においての展望や挑戦したいことは?

雑誌の表紙、キャラクターデザイン、海外への出展、絵画教室やってみたい事はいろいろあります。




profile
鬼辰カケル / Onitatu Kakeru
1970年   愛知県
トライデントスクール オブ デザイン



ご支援者様へ 画材代のサポート方法

画材代サポート方法

>Initial Gallery(イニシャルギャラリー)

Initial Gallery(イニシャルギャラリー)

作家が出品した現代アート作品を購入できるオンラインマーケットです。
これから有名になり作品価値の向上が期待できる作家が多数出品しています。
作家の活動実績や注目度を弊社独自のIGSで数値化し、作品購入の際の新たな指標としてご提案します。