梅ちゃん-アーティストnote販売支援-

どうして画材代支援を必要としているのか

絵を描くだけでは現状生活していくのが困難だからです。
また、公募展に積極的に参加していきたいからです。大きい作品を制作するには、絵の具の量やパネル代などが必要になるので画材費用の支援を必要としています。

支援金をどう活用する

制作に必要なアクリル絵の具、キャンバス
メディウム類の購入、額装費用として使用します。


梅ちゃんとは


oblivion

現在どのようなアート活動をしていますか?

作品の展示、似顔絵、店舗の空間のインテリアとしてオーダーがあれば描いております。

アートを始めたきっかけは?

幼い頃から描くことが好きでした。
小学生の時は友達と漫画を良く描いていて、
将来の夢は漫画家でしたが、高校生になる頃から目に見えるものより、見えないものを描くこと(感情、言葉、色など)に惹かれていきました。



作品を通してのコンセプトは?

私は様々な感情を感覚のフィルターを通して描いています。
辛い=赤いを連想させるように色や形には、イメージや意味があると思っています。音楽や人、言葉との出会いを具現化して描くことが多いです。

作品を制作する上でのこだわりや意識していることは?

自由に描く事。先入観を無くす事です。



今後のアート活動においての展望や挑戦したいことは?

イベントや個展を開きたいです。
また、大きな作品を描いてみたいです。絵で生活ができるようになる事が最終的な目標です。
作家の意図と見た人のイメージが相違しても面白いなと感じるし、そういった見方をする人が増えてアートがもっと身近に親しみやすいものになればいいなと願っています。




profile
梅ちゃん / umechan
1997年 岡山県

岡山県立岡山南高等学校 服飾デザイン科 卒業

展覧会実績
2017
梅ちゃんのうちがわ(Ukicafe)
2019
イベント参加(青猫堂/八幡市)
2020
虫展(SYNERGY73)
点と線と面(SYNERGY73)

受賞歴
2018
全日本アートサロン絵画大賞展 入賞
2019
第2弾kahogo石鹸パッケージデザイン採用
2020
第4弾kahogo石鹸パッケージデザイン採用
2021
第一回関西アートコンペ入選



ご支援者様へ 画材代のサポート方法

画材代サポート方法

>Initial Gallery(イニシャルギャラリー)

Initial Gallery(イニシャルギャラリー)

作家が出品した現代アート作品を購入できるオンラインマーケットです。
これから有名になり作品価値の向上が期待できる作家が多数出品しています。
作家の活動実績や注目度を弊社独自のIGSで数値化し、作品購入の際の新たな指標としてご提案します。