陽月瞳-アーティストnote販売支援-

どうして画材代支援を必要としているのか

時間、国、場所に囚われず、ボーダレスに制作をしていきたく、アート活動を続けてきました。
制作するにはお金と時間が不可欠です。
健康に気をつけ、アート活動を継続していくには資金も必要です。

アート仕事以外に、障害者施設で12年間講師を務め、商業施設であそびの学校講師、グローバルバイヤー、デイサービスにて介護職をしております。
人に還元出来るような仕事を選んで従事しております。
他の仕事をしながらアート活動をしておりますが、体力にも限界があります。

2020年5月に北欧のリトアニアで展覧会が決定しておりました。新型コロナウイルスにより、渡航が出来ず展覧会も中止になってしまいました。航空券は支払い済だったので、キャンセルしても半分程しか返金されず、痛手を被りました。

画材代支援をして頂けると、制作にかける費用や時間を確保でき、新たな事にも挑戦していけます。
2021年はルーブル美術館直結カルーゼル・デュ・ルーブルのSALON ART SHIPPINGに出展決定しているので、制作費、渡航滞在費用に運用したいです。
画材代支援を陽月瞳に宜しくお願い申し上げます。

支援金をどう活用する

・画材代支援金でカーフレザーを購入し、次に繋げるレザーアートを産み出して参ります。
画材のカーフレザーは、環境のことを考え、傷がついたり焼けてしまったものを手に入れております。

・2020年から12年ぶりにキャンバスアートを始めたのですが、絵具や材料費に活用します。個展やイベント等の費用に使用します。

・アートイベントやPOPUP SHOPで県外に出張に出る際の制作費、渡航滞在費用に運用します。
2021年はルーブル美術館直結カルーゼル・デュ・ルーブルのSALON ART SHIPPINGに出展決定しているので、制作費、渡航滞在費用に運用します。

・新型コロナウイルスが落ち着きましたら、イベント運営を行いたいです。
アートやハンドメイドの方々、障害者、健常者の境なく、町作りに貢献できるようなアートイベントをしていく費用に活用します。

・絵本や画集出版をしたいので、制作費に活用します。

・古い建物を新しくリノベーションを行い、他分野のクリエイターに協力をして頂き、地域の方々が楽しめる場所を提供できるような場を作っていける費用に運用します。


陽月瞳とは


Oneness bag

現在どのようなアート活動をしていますか?

北海道出身、宮崎育ちの旅する絵描きです。
ユーモアな宇宙や動植物、薬草、見えない世界の光や生き者たちの絵を、傷がついたり焼けてしまったカーフレザーに描きアイテムを作成しているレザーアートアーティストです。

 国内外の美術館やギャラリーで展覧会や個展をしたり、関東、関西、中国、九州地方の百貨店で期間限定のお店を出店したり、イベントを運営、イベント出店しています。
 海外の展覧会にお声をかけて頂き、UAEのアブダビで賞受賞や、出版社からお声掛け頂き、本やアート雑誌に掲載して頂けるようになりました。
 ヨーロッパには一度も伺ったことはありませんが、ルーブル美術館カルーゼル・デュ・ルーブル出展のオファーを受け、2021年はパリ&EU周遊してきます♪

 『人生なんてギャグのよう。一度しかないこの身体の命。流れに身を任せ、飛べるところまで飛び、行けるところまで動き、色とりどりに歌い、くるくる踊り描いてみよう★』
 誰かに私にHAPPYの魔法をかけれる、「サトリ」に近づけるよう、毎日コツコツコツコツコツコツ絵を描き続けております。

 そんな魔法使いになりたい卵&ベリー大好きな、旅するレザーアートアーティストです。

アートを始めたきっかけは?

私には母が二人います。
絵と歌に長けたクールな母、ダンスとコミュニケーションスキルに長けたファンキーな母です。
表現することを教えてくれた私の大好きな師匠たちは、絵、歌、ダンス、楽しく生きるコツを日常の中で教えてくれました。

亡くなった父の姉は版画家で、北海道の家にたまにTVカメラが来るような作家でした。
父の姉の版画は生命力に溢れていて、強く美しく、色とりどりで、幼い私を虜にしました。
彼女に沢山の画集を見せて頂き、ゴッホ、シャガール、ピカソなどを小学生の頃に教えて貰いました。

幼稚園の頃から絵では賞を頂き、小学校では全国規模の大きな賞を頂いたり、中学では美術部部長になり、大きな賞受賞もありましたが、町の看板制作をみんなで手掛けたり、部活を超えて絵を描く機会が沢山ありました。
高校の頃は、宮崎県高校総合文化祭絵画部門1位になりましたが、まだ1年生でしたので、上級生に1位は譲りましたが賞受賞しました。
母子家庭の私は、「なんとしてもお金を稼がないといけない」という思いで中学生の頃から、公募展に片っ端から出品し賞受賞、図書券、テレフォンカード狙いで徹夜して絵を描いてました。

絵を描くのが楽しくて楽しくて、子どもなのに徹夜も厭わないくらいずっとずっと描いてきました。
今では、ご飯を作る食べる、掃除洗濯をすると同じ日常に絵を描く、ものをつくるがあります。



作品を通してのコンセプトは?

LOVE & COSMOS
色とりどりの愛と、調和のとれた宇宙をコンセプトに、薬草、動物、見えない世界の光や生き者たちを描いています。

Onenessワンネス「すべてはひとつ」あなたが私が宇宙そのものということを、色や形に起こして表現しています。

レザーアートでは生きていた皮膚に、心を込めて畏敬の念を抱きながら描き続けています。
この地に、この宇宙に感謝しながら、虹色のアイテムを制作販売しています。

傷がついたり焼けてしまったカーフレザーに絵を描き、レザーアートアイテムを作成しています。

作品を制作する上でのこだわりや意識していることは?

陽月瞳の絵は沢山のコトモノに溢れていますが、全てに意味があります。
おまじない、風水、色の意味、文様の理由が全てにおいてあります。
至る所に魔法を散りばめて、見る方の心に届くようにと願い描いております。

レザーアートしている方に会ったことがなく、ブルーオーシャンの分野です。
東京でPOPUP SHOPをしている時や、UAEで展覧会をしている時に、レザーアートをしている人はいないと評論家の方は言っておりました。
まだ未開発の分野だからこそ、研究しながら進めていきたいです。

レザーを購入する際は、他の作家さんは購入しない、傷がついたり焼けてしまったものを手に入れております。
前面に絵を入れる陽月瞳は、傷や日焼けも関係なく描き彫りを施すからです。

絵を描く際は、無言の時もありますが、歌いながら踊りながら描いた方が、より私らしく自由に絵が描けているような気がします。

キャンバス制作する際は、様々な素材を使い、平面より半立体になるような作品を作っていきたいです。
凹凸があるキャンバスの方が、人間らしく変化があって好きだからです。

絵を描いていると、たまに時間も空間もよくわからくなるくらい集中モードに入り、瞑想のような時になることがあります。
手が自然と動き、色が乗っていく様が好きで、画面がどう仕上がるのか楽しみで描いています。

今後のアート活動においての展望や挑戦したいことは?

・毎年海外で展覧会や個展します。その為に作品の完成度だけでなく、経済力もつける為に勉強します。
・ブランドとコラボレーションアイテムを販売してみたいです。
・百貨店、商業施設でアートPOPUP SHOPを頻繁に開催したいです。
・アート、音楽、ハンドメイド作家の方々、障害者、健常者の境なく、町作りに貢献できるようなアートイベントをしていきたいです。
・絵本、画集出版、書籍出版をしたいので、制作、文章能力、SNSを鍛えます。
・古い建物を新しくリノベーションを行い、他分野のクリエイターに協力をして頂き、地域の方々が楽しめるようなイベントや教室開催ができる場を、アートの力で作り上げていきたいです。

「絵で食べていくなんて無理、大人の力を借りずに他県の美術大学に入学するなんて無理」多くの人が私にそう言いました。
今では奨学金も返還し終わり、海外の美術館やギャラリー、日本の出版社からお声かけて頂ける作家になりました。

ご縁に心から感謝しています。

まだまだまだまだ発展途上で、失敗も沢山している私ですが、好きなことを続けてきて、描き続けてきて良かったと心から思います。

積み重ねる時を大切にし、誰かの心に強く響くような、HAPPYの魔法を灯せるような絵を沢山描き続けます。



profile
陽月瞳 / yougetu hitomi
1984年 福岡県

2004年 九州造形短期大学美術科入学
2006年 九州造形短期大学美術科卒業
2004年 九州産業大学芸術学部美術科編入学
2008年 九州産業大学芸術学部美術科卒業

展覧会
2005年 「福岡市美術展」 入選
2005年 「7人7色展」 7人グループ展
2006年 「九州造形短期大学芸術学部絵画部門卒業制作展」福岡県立美術館
2006年 「sing&yogaパフォーマンス&アート展示」 アートキャンプ三瀬村
2006年 「捨て色てん」2人展Mariko&Hitomi 九州産業大学アートギャラリー
2008年 「九州産業大学芸術学部美術科卒業制作展」
2009年 「福岡市美術連盟展」ノンセクション部 福岡市美術館(~2012年毎年1回)
2010年「コン展ポラリーアート展」 西日本銀行本店ギャラリー(~2012年毎年1回)
2010年「Majyominarai Workshop」パフォーマンスアート 福岡市美術館
2010年 呉服万博「Happy Garege」グループ展 Hack Berry Hamberger Cafe& Bar
2011年 「陽月瞳のおまじない展」 個展 陽月コンテンポラリーダンス&singingパフォーマンス&パーティー ISF shop
2012年「 imagine exhibition」 ギャラリー風(~2013年毎年1回)
2012年 「天神ビエンナーレ」 陽月コンテンポラリーダンス&singing 大丸エルガーラホール
2013年 「Yougetu Hitomi TEN Yajiiii」個展 ギャラリー風
2013年「 Paris cafe」リノベーションモザイクアート
2013年 「Appresso」リノベーションモザイクアート
2013年 「天神ひな祭り」 インスタレーションアート展示 警固神社
2013年 「なないろ空間」アート展示 天神LOFT地下1階
2014年「はれとけ」居酒屋壁面アート
2015年 「なないろ空間」アート展示(糟屋郡志免町)
2016年 「うぶ声と楽がき〜詩人と画家のポリフォニー」〜 ギャラリー風
2016年 「いのちのリズムwithエイブルアート」ギャラリー風
2017年 「ものづくりマルシェ」出店 京都北大路VIVRE出店
2017年 「ナツコレ」POPUP SHOP出店 博多阪急
2017年 「福岡古代の旅」出店 福岡ソラリアプラザ
2018年 「京都アートフリーマーケット」出店 京都文化博物館
2018年 「みやざきナイトマーケット」宮崎シェラトングランデオーシャンリゾート
2018年 「FUKUOKA ART SUMMIT」 福岡三越 POPUP SHOP主宰
2018年 「広島ハンドメイドフfes tokimeki」出店
2018年 「FUKUOKA ART SUMMIT2 」福岡三越 POPUP SHOP主宰
2018年 「黒市〜クリスマスマーケット」主宰
2019年「ハンドメイドフェス デザインマーケット岡山」出店
2019年 「マニアウィーク クラフトアートの世界」 伊勢丹立川店 POPUP SHOP主宰 2019年 「ロハスフェスタ万博」出店 大阪万博
2019年「『ユトリエ』×「洒落市場」~英国と考古学の宴~」博多阪急POPUP SHOP出店 2019年 「9th Discover the
one Japanese Art 2019 in AbuDhabi 」Etihad Modern Art Gallery UAE
2020年 恋するニルバーナ展 個展 アクロス福岡
2020年 ANIMAL2020 掲載出版 ARTBOOK(amazon、全国書店、海外書店)
2020年 イラストノート53号 プロフェッショナル イラストレーターズ ギャラリー掲載出版
2021年 「SALON ART SHIPPING 」ルーブル美術館直結カルーゼル・デュ・ルーブル

受賞歴
2005年 「福岡市美術展」 入選
2006年 「九州造形短期大学卒業制作展」 絵画部門1位
2011年 「コン展ポラリーアート展」 福岡市美術連盟 新人賞
2020年 「9th Discover the one Japanese Art 2019 in AbuDhabi」Etihad
Modern Art Gallery UAE 審査員特別賞



ご支援者様へ 画材代のサポート方法

画材代サポート方法
>Initial Gallery(イニシャルギャラリー)

Initial Gallery(イニシャルギャラリー)

作家が出品した現代アート作品を購入できるオンラインマーケットです。
これから有名になり作品価値の向上が期待できる作家が多数出品しています。
作家の活動実績や注目度を弊社独自のIGSで数値化し、作品購入の際の新たな指標としてご提案します。