イニシャルギャラリーのミッションステートメントとは

ミッションステートメントとはイニシャルギャラリーの理念のことです。

イニシャルギャラリーには大きくわけて2つの思想があります。

1つは1家に1点オリジナルアートがある世界を日本を広めたいという想いがあります。

もう1つは作家が情熱を込め仕上げた作品をもっとたくさんの人に見てもらえる機会を作りたいという想いです。

普段アートに触れない人にもアートに触れる機会を作る

イニシャルギャラリーが目指すところは、アート界の枠を超えて普段アートに興味を持っていない人たちにもアートに触れる機会を作っていくことです。

SNSをがんばっている新人作家さんや比較的若手の作家さんが多くいらっしゃいます。

でも自分の作品を沢山の人に見てもらうには実費で個展を開いたり、グループ展に出展しなければなりません。

それには多大な労力と費用が必要です。作品を作る傍らで資金集めもしなければならず、誰かに作品を見てもらうまでに時間もかかります。

そのような状況を問題視してもっと手軽に新人作家さんが作品を見てもらえる環境を作りたいと考えました。

しかし、日本ではまだこれといって決定的なプラットフォームがありません。一部の作家さんがSNSを使ってアピールしていますが、それは普段からアートにアンテナを張っている人の目にしか触れません。

1家に1点アート作品を広げるために

1家に1点アート作品を広げるためには、作品を購入して自宅に保管したり飾ったりするハードルの高さをなんとかしたいという想いがあります。

そのためにイニシャルギャラリーでは、将来性のある作家さんが自分で作品を売り込める場所を提供しています。

作家さんの活動資金源を広げるために

作家さんはひとつの作品を仕上げるのに平均で2週間かけると言います。

絵を書くための画材代も平均2万円以上します。

しかし、画材代さえ賄えないような2万円前後で販売している絵も多く散見されます。

これではとても絵で生活していくことはできません。

新人作家さんは将来に夢を抱いて画家を志しますが、才能がある作家さんでも活動資金が足りず、困窮しています。

それをなんとか解決したいという想いからイニシャルギャラリー内で部分所有権が売買される度に作家さんに手数料が入る仕組みを作りました。

あなたの作品をイニシャルギャラリーに出品してみませんか?

オリジナルで1点モノのアートを世界中のあらゆる空間に届けていくのがイニシャルギャラリーのミッションです。

>Initial Gallery(イニシャルギャラリー)

Initial Gallery(イニシャルギャラリー)

作家が出品した現代アート作品を購入できるオンラインマーケットです。
これから有名になり作品価値の向上が期待できる作家が多数出品しています。
作家の活動実績や注目度を弊社独自のIGSで数値化し、作品購入の際の新たな指標としてご提案します。